本文へ移動
アルコールチェッカー導入
2022-04-13
2022年4月 道路交通法改正
これまで緑ナンバーのトラックやタクシー等においては
アルコールチェックが義務化されていましたが
2021年に千葉県八街市にて、下校中の児童らが
酒気帯びトラックの犠牲となってしまった
大変痛ましい事故を受け、道路交通法施行規則が
一部改正されることとなりました。

2022年4月からは白ナンバーも含め
5台以上の自動車を所有している事業者においても
酒気帯びチェックが義務対象へとなり
その記録を1年間保存することが義務化されます

また2022年10月からは安全運転管理者による
目視確認から業務用アルコールチェッカーによる
酒気帯びチェックが義務化となり、検知器を
常時有効に保持することが組み込まれます

それに伴い 当社ではいち早く検知器導入を決定し
2022年4月より全車両運搬者(営業車含む)の
検知器による酒気帯びチェックを開始しております

今後も従業員一同
安全第一での業務遂行に邁進してまいります
TOPへ戻る