丸太建設
サイトマップ お問い合わせ
トップページ 会社情報 業務内容
東日本再資源化センター
美浦リサイクルセンター
がれき中間処理施設
混合廃棄物処理施設

東日本再資源化センター

茨城県初の建設汚泥のリサイクルシステムを構築。減量処理だけではなく改質までも
行うことで建設汚泥を100%リサイクル。再生土は、埋め戻し材、路体盛土材、造園材、
透水材などとして公共工事や民間工事に再利用することが可能です。

建設汚泥リサイクルシステムの特徴

  1. 各種工事により発生するあらゆる建設汚泥が受け入れ可能。
  2. 無機性汚泥の乾燥施設の処理能力は、4.26t/日(8時間)
  3. 建設汚泥の改質処理能力は、200㎥ t/日(10時間)
  4. PH調整やCBR試験を行い品質管理も万全。
  5. 建設第2種、第3種改良土に改良し、再生土は各種公共工事や民間工事に使用可能。

建設汚泥リサイクルシステムの流れ

建設汚泥リサイクルシステムフロー
ページトップへ